読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

埼玉県さいたま市 ohajime’s blog

埼玉県さいたま市在住のohajimeが日常と近所の情報を書き連ねます

【飛行機の旅】妊婦と子供と空の旅の注意点

昨晩嫁のお腹を擦っていたら、下から突き上げる感覚がありました。パパ、僕ここにいるよー!みたいな…いわゆる蹴った!ってやつですね。

自分の感触として動きを感じたのは初めてでした。ここまで7ヶ月。やっと姿を表した瞬間でした。生きてる、育ってるんだなぁって…なんとも言えない感慨深さでした。

 

妊婦と飛行機に乗る

先日妊婦の嫁と乗った飛行機の話。空港への道中、通勤時間帯の電車に乗ってしまいました。ラッシュに巻き込まれ羽田空港に行くまでに結構疲労しました。

ohajime.hatenablog.com

 

羽田空港に着いてからは特に問題なし。この日も全日空なので、第2ターミナルのカウンターでプレミアムクラスへアップグレードをお願いしましたが、満席でダメでした。はい、アップグレードポイントのスカイコインへの交換決定。

そのまま保安検査を受けて、制限区域内に入りました。思ったほど時間に余裕がなくて、お土産物色も程々に慌ただしく搭乗ゲートへ。

この日搭乗予定の福岡行きの飛行機は普通席も満席でした。しかもオーバーブッキングしているようで、協力金かマイルをあげるから、席を譲って!って係のお姉さんがアナウンスをしていました。

一人旅なら譲るんですけど、オーバーブッキングするときってだいたい家族連れの時ばかり…。以前、譲ってもいいよ〜って話したんですけど、振替便で座席が隣になるって約束できないって言うので止めた思い出があります。そりゃそうでしょうね。

ちなみに協力金は1万円、マイレージだと7500マイルがもらえます。その上ちゃんと目的地まで運んでくれるわけだから、決して悪い条件ではありません。時間に余裕があって、複数人ならバラバラでもいいやーって人はいいですよね。

 

www.ana.co.jp

 

それは置いておいて、初めて飛行機に一番乗りしました。妊婦パワー炸裂です。

搭乗開始時刻のちょっと前になると、ANAでは「事前改札サービス」という最優先搭乗があります。子供連れや介助が必要な人、そして妊婦さんは先に乗れるってやつです。「事前」ですから、上級会員を差し置いての手厚いサービスだと思います。というわけでお言葉に甘えて先に乗ってみました。機内にはまだ搭乗客がいない状態なので、CAさんが総出でお出迎えです(笑)

ただ特に手伝ってもらうことも無いので普通に座って、全ての搭乗客が席に座るのを待ちます。一つ思ったのは、早く座れるのは良いのですが、その分じっと座っている時間が長いってことですね。売店で買ったサンドイッチを食べ終わりました。例の事件以来、全員が座るまで飛行機は出発しません。扉を閉めてからも多少の沈黙の時間があります。結局飛行機が出発するまで自分たちが座ってから30分ぐらいかかったでしょうか。そう考えると、ちょっと考えものです。

 

妊婦と子供と飛行機に乗る

福岡からの帰りのときは妹家族と一緒の便にしていたので、2才の姪っ子と一緒でした。いつの間にか走るし喋るし、成長しています。うちの子が生まれたら、仲良くしてあげてね〜って感じです。カウンターでベビーカーを預けると言うので一緒に手続き。その際にスタッフの人に聞いたのがこの2才児も搭乗手続きが必要だってことです。

自分は搭乗券が欲しいので、カウンターで手続きします。しかし、通常手ぶらの場合は、カウンターに立ち寄らなくても手荷物検査場に一直線で向かって、飛行機に乗ることが出来ます。わざわざチェックインの手続きってする必要無いんです。

ANAの国内線の場合、2歳以下の幼児は親の膝に乗る分には無償で飛行機に搭乗できます。だからそのまま手荷物検査場に行けば良いのかな〜と思っていましたが、幼児用の搭乗券が発券され、それをつかって飛行機に乗ることになるそうです。

なので、大人と同じように、搭乗券を手荷物検査場の機械にチケットをかざして通過します。まぁ確かにスタッフが誰も知らない子を乗せるわけにもいかないですよね。搭乗券を発券するのも当たり前かぁと思いつつも、そんなルール知らなかったので今後の勉強になりました。

f:id:ohajime:20170321191732j:plain

そしてまたありがたいことに一番最初に搭乗させてもらいます。福岡の搭乗ゲートではスタッフの方から妊婦の嫁にいくつかの質問がありました。予定日いつですか?お手伝い必要ですか?みたいな…。この情報は機内にも引き継がれていました。CAさんから声かけられましたもん、ちょっとビックリ。妊婦さんは予定日の28日前から診断書が無いと乗れないですしね、機内での出産のニュースとかたまにありますけど、その辺の理由なんでしょうか。

この便は一番後ろの席。空っぽの飛行機に400数名が乗り込みます。今回も満席、どんどん埋まっていく様子を見ているのは面白かったです。たまには後ろの席も楽しいですね。

あっ、離陸前に飛行機のトイレを使ったりもできますから、あえて機内でゆっくり過ごすというのも事前改札のメリットなのかと感じました。

 

席が埋まると飛行機は出発しました。姪っ子は席についてからずっとはしゃいでいます。可愛い笑顔ですが、子供がいるだけでどうしても騒がしいものです。周りの目が多少なりとも気になります。ただ妹の話では、うちの姪っ子は離陸滑走し始めると、気絶するように寝ちゃうそうです。しかも、着陸の衝撃まで目覚めないとかなんとか…。

本当に寝るのかなぁと思っていましたが、本当に気絶しました(笑)重かったので抱っこし直したり、手伝ったりしましたがずっと寝たまま。へ~良い子ねって感じです。

こういう子供の特性ってなんなんでしょうね?泣いている子は泣きっぱなしだし、暴れる子は暴れ続けるし…。ふと新婚旅行で他人の子に蹴られ続けたのを思い出しました。

 

ドリンクサービスも終わった頃、CAさんからお子様へってプレゼントを妹家族がもらっていました。物欲しそうな顔をしていたのか、自分たちにもいただきました。いや、これは空港での妊婦情報の共有の影響ですね、いつご出産ですか〜って声をかけてもらいましたもん。

f:id:ohajime:20170321191747j:plain

ただ、急にCAさんが現れるのでありがたいけど、子供が起きないか心配だと妹は言っていました。確かに後ろから元気よく現れたので、わぁっ!ってビクッとなったのは事実です。親としては気になるところです。

f:id:ohajime:20170321191757j:plain

ちなみにもらったのは飛行機風船。JA805Aってボーイング787-8のANA3号機です。初の国際線に就航した機材みたいですよ〜番号気になって調べてしましました(笑)

 

 

今回の旅は、姪っ子のお陰で子連れ旅行を疑似体験できました。子供と一緒だとやっぱり違うもんですね。いい勉強になりました。

 

関連項目

ohajime.hatenablog.com