埼玉県さいたま市 ohajime’s blog

埼玉県さいたま市在住のohajimeが日常と近所の情報を書き連ねます

【子守体験】姪っ子のお世話を手伝い、子育てを考える。

先日から母親が上京しているのは、妹の子供つまり孫に会いに来ているわけです。別にiPhone買いに来ているわけじゃないです(笑)この週末には帰ってしまうので、昨日様子を見に行ってきました。

 

姪っ子は2歳になったばかりです。うちの妹は働いているので、保育園へ預けています。なんか認可外の保育園らしいのですが、来月からは認可保育園へ変わると言っていました。当選するのはすごい倍率らしいです。

「保育園=入りにくい」ってのは漠然と知ってはいるのですが、本当にそうなのか?どの程度困難なのか?今のところ自分にはピンときていません。妹と話していると本当に大変らしいです。あんた何言ってんのよ?って感じの対応されます。

そういわれると生まれてくる我が子はどうなるのかな?あまりにも分からなさすぎて、ただただ不安になってきます。妹がいうには、とにかく役所に相談して、保育園の見学してみたらとアドバイスをもらいました。

 

まぁそれは置いておいて。

昨日遊びに行ったときは姪っ子は体調が悪かったらしく、保育園はお休み。朝から吐いたりしていたそうで、うちの母親はかなり心配していました。妹は仕事へ行かなきゃいけないし、母親が近所の病院へ連れて行ったそうです。

連れていく母親は、もちろん土地勘はゼロ。案の定迷子になってしまいました。うちの妹は地図を書いてくれたそうですが、ちんぷんかんぷん…せめてiPhone活用しなさいよーって思いましたが、道行く人に道を訪ねながら病院へ行けたと言っていました。

母親曰く、ご近所さん親切ねーこの辺なら住みやすくていいわね!っと、ある意味上機嫌でした。妹の家はここ東京?っていうぐらい田舎の場所ですが、もっとずーっと田舎に住んでいるうちの母親からするとやっぱ大都会東京ってイメージ。人と人とのコミュニケーションが取れるということは感動的な素晴らしさだったようです。

 

そのかいあってか、姪っ子は元気に晩御飯を食べていました。自分は一緒に晩御飯を食べつつ、遊び相手になっていました。カーテンのかくれんぼを一緒にしたり、布団の滑り台や、おままごとしたり…。けど、母親との話もあるので、気づいたら一人で姪っ子は遊んでいます。

自分はたまに遊ぶだけの親戚のおじさんなので、自分の都合で好き勝手遊んでいるだけなのですが、いざ親として子供を育てるとなると違うだろうなぁとつくづく感じました。

 

小さい子の子育てって、ずっとついていないといけないような漠然としたイメージもあったのですが、「ずっと」なんて実際無理です、きっと…。家事も仕事もあるわけだし、ほかにもやることがあるので、両立は思った以上に大変そうです。

 

うちの母親が来ているのも実は妹の旦那さんの出張に合わせてです。保育園にも通っているんだし、ヘルプいるの?ぐらいに思っていました。ただ実際に様子を見ていると負担の大きさも見えてきました。

もうすぐ自分も始まるわけですから、これは心してかからないと…。子育てという未知の領域が広がっています。

母親と妹が姪っ子をお風呂に入れる段取りをしていましたが、素晴らしいチームワークでした。自分も嫁と、そして家族と、生まれてくる子供のためにベストを尽くしたいと思います。おむつ交換頑張ろう。