埼玉県さいたま市 ohajime’s blog

埼玉県さいたま市在住のohajimeが日常と近所の情報を書き連ねます

【マイホーム】家族ができるとマイホームが欲しくなる??「マイホーム価値革命」

今日は戸田・板橋の花火大会でしたね。7時過ぎ頃にバンバンと音が聞こえ、ずーっと向こうに花火がちょびっと見えていました。隅田川の花火大会は大雨でしたから、今日はいい天気で良かったですね。いつか子供を連れて花火を見にいくのかなぁ〜なんて想像していました。

それにしても今日は本当に一日中蒸し暑く、この夏初めてエアコンのスイッチを入れました。うちの家は普段エアコン使わないんです。カフェなんかに付けてある、シーリングファンがあるので、それで十分。ベッドの上にもつけてあるので、寝苦しいってことも余り感じません。やせ我慢してまでエアコン使わない!なんてことはないですが、今日は使ったほうがいいだろうって暑さでした。

 

 

あと1週間ほどで嫁と赤ちゃんが戻ってくることになりそうです。実家のお義父さんは寂しいみたいで、だいぶ抵抗していましたがその気持ちは分からなくもないです。

自分は家を空けていることが多いので、嫁と赤ちゃんが嫁の実家にいるのは合理的だからなぁと思うところがあります。なので、早く帰って来てほしいとは思いつつ、嫁の負担が増えるのが目に見えているので積極的に帰ってきてほしいといえませんでした。

負担をかけないように、少しでも減らせるように頑張ろうと思います。

 

あともう一つ。今住んでいる家での子育てについても考えるところがあり、キレが悪い原因となっています。一言で言うと子供のいる家族はなさそうなので…。

また周りで子供が生まれたのを機にマイホームって家庭が増えているのもあって、環境を変える必要性もあるのかなぁと思ってます。前も書いたかな??

自分はマイホーム否定派なのですが、周りがそういう雰囲気になればほしいって思う気持ちもわからないわけでもないので、マンションのチラシとかは気になります。ただ甲斐性がないので夢のまた夢ってのが現実…。情けない気もしますが、自分的には宝くじでも当たれば買うって感じのイメージです。

 

とはいえ子育て環境に適した住環境を構築すべきなのかなぁとはずっと考えていた時に、ちょっと気になった本があったので読んでみました。

 

マイホーム価値革命 

マイホーム価値革命 2022年、「不動産」の常識が変わる NHK出版新書
 

 

帯にも書いてありますが、「売る」から「貸す」へ。これが大きなテーマです。家は「資産」なのか「投資」なのか??家を購入する時に売ればいいと「投資」的な発言をよく耳にしますが、この本を読むとその言葉の危険性を理解できます。

 

そもそも自分としては実体験としてマイホーム購入に懐疑的なところがあります。それは自分の両親が立てた家について考えることがあるからです。

両親はローンを返すために働いていましたが、家族4人と祖父母の計6人で住むつもりで購入した家も、祖父母は街中は合わないとすぐに山の家に帰ってしまい、父も単身赴任で母と子どもたちの3人と猫4匹で暮らすような状態でした。父が単身赴任から帰ってきてしばらく後に自分も妹も高校卒業で家を出てしまい、家族で暮らしたのはたったの3年ぐらいだったと思います。

当然最初の計画に合わせて購入していますから、大きな家だけが残った状態で今は母が一人で暮らしています、猫も旅立ってしまったので…。両親には申し訳ないですけど、家が無かったほうが幸せだったんじゃないかなぁって思っています。

 

ただ母的にはご近所さんはみんな顔見知りで安心って感じらしいのですが、新興住宅地なので周りのご家庭も似たような問題を抱えており、どんどん高齢化が進んでいると思います。

 

残念ながらうちの実家は過疎の地方都市にあるので、将来的に売るにしろ買い手はつかないと思います。自分も妹も結婚しこちらに拠点を移していますから、田舎の実家はいずれ問題になるでしょう。空き家が増えているのは最近良く耳にすることですが、取り壊すのもお金かかるし、更地になると税金増えるし、いいことなんか何もないです。

 

人口減少と高齢化が進む現在、今の最適解が5年、10年後も最適だとはとても考えられません。ライフスタイルの変化に合わせて柔軟に対応できるようにしておくことが大切なんじゃないかなぁと常々思っています。

 

この本の中でもライフスタイルの変化から、マイホームに対する価値の変化を捉えています。団塊の世代が郊外に家を持った時代から、共働き夫婦の通勤を意識した都心部での暮らし…。それに合わせて人口は動き、価値も当然変化しています。

団塊の世代自身も年を追うごとに、相続が発生する時期に差し掛かりつつあり、自分と同じような問題を抱え、家が市場にどんどん出るようになると思われます。

家は「資産」として捉えられていましたが、買い手も借り手もつかないような家は「資産」とはいえません。長期のローンだけが残る状態は考えられないです。

 

 

今の自分の環境は義理のご両親の近くに住んでいることもあり、マスオさんになったり、もしくは二世帯住宅を…みたいに思うこともありました。ただ、この本では2世帯住宅の弊害についても書かれており、中古市場では人気がないそうで思いもよらない事実にビックリしました。

 

というわけで自分としてはマイホームは宝くじが当たったらねってセリフをもうしばらく続けようと思います。僕にとっていちばん大事なのは家ではなく、家族ですから。

 

【食リポ】ふとデカフェを思い出した。

4日ほど子供に会っていません。会いに行かなきゃ行けないのですが、なんか忙しくて毎日午前様…。明日は早く上がれそうなので、会いに行くからって嫁に伝えたのですが、我が子には存在を忘れられそうです。それ以前にまだ認識されてないかな??

会いに行ってないんですよーって話をしたら、周囲の人に心配されました。子供はともかく奥さん大丈夫か?って…。嫁とご両親に負担ばかりかけており、ダメな旦那です、まったく。

 

自分はそんな感じで接点が少ないので、子供の成長は嫁が送ってきてくれるLINEの写真ぐらいです。とはいえそんな急激に成長はしてませんけど。その写真を見て思ったのは目を開けてる写真が可愛いなーってことです。沐浴後は起きているので、目がパッチリ開いた写真が撮れるみたいです。

自分が会いに行っても寝ていることばかりなので、起きてる我が子は超レアなわけで、いつ出会えるのでしょうか??そんなささやかなことが楽しみで今日も頑張っております。

 

スタバでデカフェ

今日は人に会うので待ち合わせ場所にと、スタバに来ています。

コーヒーは好きですけど、カフェインの耐性が弱いのか余り量は飲めません。昔は結構飲んでて、よく吐いていましたから、今では一日3杯までって決めています。一時期断コーヒーをしていて、だいぶ回復しました。そんなのあるのかよって気もしますが…。

あと、遅い時間には基本的には飲まないようにしています。もう18時を回っていますので飲まないように自主規制している時間帯。

 

けど待ち合わせの時間までまだあるので、何を飲もうかとレジに並んだ時にふとデカフェを思い出しました。

 

デカフェってのは簡単に言うとカフェインレスコーヒーです。スタバでも年始からデカフェの販売を開始しました。

www.starbucks.co.jp

 

スタバではディカフェってなってましたけど、デカフェのラテくださいって店員さんにお願いしました。もちろん通じましたよ、いつものスターバックスラテと何一つ変わらない(多分)ドリンクが出てきました。

 

ちゃんと香りもあるのに、カフェインレス。なんていい商品なんでしょう。今までは紅茶を飲むようにしていたのですが、デカフェでも何の問題ないような気がします。もっというなら日常的にもデカフェでもいいかもしれないって感じました。

 

 

デカフェのメニュー

デカフェで選べるメニューってあんまりないんだろうなぁって勝手に決めつけていましたけど、ドリップコーヒーも、ラテもモカも、カプチーノもいろいろありました。これなら十分スタバでのノンカフェインタイムを楽しめると思います。

 

まとめ

カフェインを摂取してみなぎるものはイマイチ感じないのですが、香りでゆったりとした時間を演出するのはとても好きです。

 

デカフェ意外と使えます。オススメ。

【子育て】しゃっくりが止まらない

相変わらずちょくちょく嫁の実家に通う生活を送っておりますが、今日行ったときはうちの子はしゃっくりをしていました。

赤ちゃんもしゃっくりするんだなぁーって単純な驚きと、まぁ人間だもんねって思いつつも、初めて見るシーンに心配も…ただ成長の証かなぁとか、親ばかモードで見ていました。

 

大人だったら、わぁっ!とかって驚かして…みたいな感じですが、赤ちゃんの場合は哺乳瓶をくわえさせると落ち着くよと助産師さんにアドバイスをもらったそうです。

 

哺乳瓶の先をくわえさせチュパチュパしてたら、不思議としゃっくりはおさまりました。

 

しゃっくりで死んだりしないだろうとは思っていますが、イレギュラーなことなので、普通に戻ってよかったです。

 

 

生まれて2週間が経ちました。最初は無かったのですが、抱っこして欲しい!ってグズることがあるようです。ずっと抱っこしていたのですが、帰るからとベッドに戻すとぐずり始めました。あらら?って思ったのですが、すかさず義母が抱っこしてやって機嫌が戻っていました。

 

甘やかしすぎだ!ってちょっと思いつつも、そんなもんなのかな?とも思いつつ…。

子育ての難しさを日々感じております。

 

嫁はペースが出来てきたのか、心身ともにゆとりが少し出てきたようです。母子ともに健康でなにより。

お父さんは今日もお仕事頑張ってきます。

【不正アクセス】Yahoo!メールが止まってる…

Gmailを普段使っていますが、昔から登録しているYahoo!メールも未だに現役。

今ではYahoo!メールをGmailで使えるように設定し、活用している感じになります。

 

ふとGmailを見ていて気づいたのが、Yahoo!メール宛のメールが少ない?新着がない?ってことでした。

Gmailの設定画面を見てみるとエラーの表示が…。2週間ほど止まってます。全然気づかなかった。

 

続いてYahoo!メールにログインしようとすると、下記のようなメッセージが…。

f:id:ohajime:20170727071303p:plain

 

 

えーって感じです。確かに昔からのパスワードだからセキュリティーは甘いでしょうが、本当にそんなことになってるのかな??

けど、仕方ないので新しいパスワードを考えます。

 

このパスワードを決める作業って案外めんどくさい。

これかな?って入力しても、ダメって言われることが多くて、一旦休憩中です。

 

 

パスワードの重要性を考えたら安易なものはダメよってのはわかるのですが、自分が把握できなくなるような状況も使い勝手が悪いし、それはそれでリスクだと思います。

個人的には定期的に変えろ!って出てくるサービスは嫌いです。その都度こんなストレスに晒されますから…。

 

ただ、乗っ取られたらどうするの?っていうのも、恐ろしい事実なわけで、ここはおとなしく新しいパスワードを考案するしかないなぁってのが現状です。

 

パスワード管理ソフトでも入れれば多少楽になるのでしょうが、そこまでするか?ってところもあって気が乗りません。

 

いっその事iPhoneなんかと連動して、全部指紋認証とかになればいいのに…。それでも破られるって話があるけど…。

【Youtube】アップロードに失敗するのは、Chromeのせい??

この前から度々アップロードに失敗するYouTube

ohajime.hatenablog.com

 

ふと気づいたのはiMacで使っているSafariでアップロードしたときはアップロードに失敗していないってことです。

なんでGoogleのサービスのYouTubeで、GoogleのブラウザChromeがちゃんと働かないのか不思議…。

 

Safariだったらいつやろうがあっさりとアップロードと、処理が完了します。

 

Googleのサービスをかなり使っていますから、親和性を考えても自分の中でChromeのウェイトはかなり大きいです。特にYouTube

 

仕事とプライベートのUPを切り分けたくて、Safariを使っているだけなのに、これだとSafari上でいちいちアカウントの切替をしなきゃいけなくなるし、ちょっと不便…。

 

とはいえ、職場でUPするときはChromeなわけなので、自宅の環境下でChromeを使ったYouTubeへのUPが失敗するというよくわからない現象が発生しているということになります。あっMacBook Proなら失敗しないのかな??

 

たぶん考えても答えがでなさそうなので、アカウントの切替でうまく付き合っていこうと思います。

【子育て】忘れちゃダメだよ、出生届

先日出生届を出しに区役所へ行ってきました。

いつまでに出さないといけないか、法律で決まっています。生まれて14日以内です。この期間内に届出をしないと罰金があるらしいです。罰金いくらだろう??

 

嫁が出産前に区役所で必要な書類をあらかじめもらってきてくれていたので、書ける範囲で記入し、必要な提出物を持って訪問しました。

 

他の自治体でもほぼ一緒でしょうけど、さいたま市の場合は出生届を出すときに、母子手帳が必要です。直前に妹に教えてもらうまで全然気づいてませんでしたが、書類の下の方に書いてありました。出生の証明を書いてもらいますので、忘れずに持っていきましょう。

ちなみに出生届って書類が役所にあるのかとずっと思っていましたが、出産した病院でもらう書類でした。病院で出生の日付や時間を記入してもらい、残りを自分で書く感じです。印鑑も必要なので忘れずに。

 

あとは医療助成の手続き。こちらは事前に役所でもらった書類の中に入っていました。

子育て支援医療費助成受給資格登録と、児童手当の手続きの書類です。父・母のマイナンバー(通知カードでOK)が必要でした。あと、振込先の銀行口座(保護者名義)。

医療助成は子供の保険証が出来てからなのかな?って思っていましたが、自分の保険証を見せたらOKでした。手続きの時期でもらえるタイミングに影響が出るようですから、早めの手続きが重要です。なお子育て支援医療費の助成については仮登録扱いになっていますので、後日子供の保険証が届いたら再度手続きの必要があるそうです。

 

あと、持っていったものは免許証ぐらいですかね。

 

手続きについての情報は下記サイトが助かりました。

赤ちゃんが生まれたときの諸手続き | さいたま子育てWEB

 

 

最後に婚姻届を出した際にも貰ったのですが、記念樹をもらえます。

今回はオリーブをチョイス。子供と一緒にスクスク育ってくれたらいいけど、どうでしょう。

【子育て】恐る恐る…

昨日は母親が田舎から出てきて、妹夫婦と一緒にうちの子に会いに来ました。2歳になる姪っ子がいるのですが、赤ちゃんを見てどんな反応をするのでしょうか?

赤ちゃんのビデオとか見せていたし、話をしていたみたいでうちの子の名前を呼んでウキウキしながらやってきました。ただ、そこは嫁の実家なわけで完全なアウェイ…。姪っ子は固まってしまいました。

初めて会う義母が話しかけても、ウンとしか言わない完璧な人見知りモード。ぴょんぴょんしながら遊びに来たのは何だったのでしょうか(笑)

 

しかし、お菓子やジュースを貰って徐々に馴染んできたのか、しばらくして元に戻りついにうちの子とご対面です。

 

ベッドに横になる我が子に触れてみたかったのでしょうか、足の裏をツンツンしていました。ほっぺ触ったらいいのにってなんか思ったのですが、姪っ子の中でも一大イベントであって大冒険なんだろうなぁと感じました。

 

姪っ子も生まれたときはうちの子と同じで、小さくて泣くことしか出来ない赤ん坊だったのに、今ではママゴトの達人です。会いに行けばお相手に指名され延々シルバニアファミリーの一員にされます。最初は面白いけど、直ぐに辛くなります(笑)

 

 

けど、そんな感じでどんどん成長していくんだなぁと思うと、自分の子はどんな子に育っていくのでしょうか?

天性のもので成長していくのか、周りの環境が成長させていくのか。

 

自分が協力できることはやっていきたいのだけれど、誰にも正解がない世界でもあるように感じます。けど、我が子に対して責任あるもんね、自分。

 

考えても答えがでないなら、感じるままにやってみるのもありなのかな…。けど、自分だけの子でもないから、周りとの協力も重要だよね。

 

自分の子が幸せになれるように、頑張ります。